不動産購入の流れ

Flow
  • STEP1
    資金計画
  • STEP2
    情報収集
  • STEP3
    物件見学
  • STEP4
    お申し込み(購入の意思表示)
  • STEP5
    住宅ローン事前審査
  • STEP6
    重要事項説明
  • STEP7
    不動産売買契約の締結
  • STEP8
    住宅ローン本申し込み
  • STEP9
    ローン契約(金銭消費貸借契約)
  • STEP10
    リフォームのご相談
  • STEP11
    残金決済・不動産登記
  • STEP12
    お引き渡し・お引越し・ご入居

STEP1 資金計画

資金計画

不動産の購入を考えたとき、純粋に「建物や土地等の物件価格」のみを費用として考えがちですが、実際の購入には物件価格以外にも様々な費用がかかってくることを理解しておきましょう。事前にどのくらいの価格の不動産を購入することができるのかを把握しておくことも大切です。また、金額の面だけでなく、あらかじめ場所や日当たり、広さなど、何を一番に優先させたいのかを絞り込み、具体的なイメージを持っておくと、物件探しを円滑に進めることができます。
不動産購入は、一生に一度あるか無いかの高額な買い物です。住宅ローン等で借り入れを行う場合、月々の返済額はゆとりを持って設定することが重要となります。長い年月、毎月欠かさずに住宅ローン等の返済をしていくことになりますから、まずは無理のない資金計画を立てることが不動産購入の第一歩です。
お客様お一人お一人の立場に立って、ベストな資金計画のご提案をさせて頂きますので、まずはお気軽にご相談下さい。

STEP2 情報収集

情報収集

物件選びの第一ステップは、情報を集めることから始まります。
まずは、無料配布の住宅専門誌・ダイレクトメール・新聞等の広告・ポータルサイト・各種SNSなどを活用して情報を収集します。
その中から、お客様のご予算にあった物件をピックアップしていきます。

STEP3 物件見学

物件見学

情報収集で気に入った物件が見つかれば、不動産業者を通して積極的に物件見学をしましょう 。現地へ赴くと日当りや風通しなど、図面だけでは把握しにくい情報を確認することができます。
また、不動産購入を考えるにあたっては、土地・建物だけではなく、その周辺環境も非常に大切になってきます。住んでから周辺環境を変えることはできないので、そこでの生活をイメージし、将来想定される生活様式の変化に対応できるかなどを想像しながら見学してみてください。現地へは、曜日や時間帯などの条件を変えながら、何度か足を運ぶことをおすすめします。

STEP4 お申し込み(購入の意思表示)

お申し込み(購入の意思表示)

購入したい物件が決まったら、購入する意思を示すために購入申込書を記入し、購入申し込みを行います。これには、法的な拘束力はありませんが、買主から売主へ、購入の意志表示を明確にすることができます。
購入申し込みは、売買契約の成立前であれば、キャンセルすることができます。キャンセルをした場合でも、違約金等は発生しませんが、購入の意思がなくなったとみなされるため、競合している他のお客様がいらっしゃる場合、物件が購入されてしまうというリスクがあります。

STEP5 住宅ローン事前審査

住宅ローン事前審査

不動産購入のための資金は、自己資金と金融機関からの借り入れ(住宅ローン)から構成されます。住宅の買主の年収、借入期間、金利等によって住宅ローンを実際にいくら借りられるのか(借入可能額)が決まります。
住宅ローンに正式に申し込む(本申し込み)前に、金融機関が申込者の返済能力等を判定し、借り入れを行うことができるかどうかを判断するための審査が「住宅ローン事前審査」です。なお、ローンの申し込みから実際に融資されるまでの期間は金融機関ごとに異なるため、注意が必要です。
事前審査を通過されなかった場合、残念ながら契約にお進みいただくことができません。

【事前審査に必要なもの】(※金融機関により異なります。)
■運転免許証の写し(表/裏)
■健康保険証の写し(表/裏)
■源泉徴収票(所得証明書)
■印鑑
■既存ローン明細書
など
(※自営業の方や役員の方は会社の決算書が必要となる場合があります。)

STEP6 重要事項説明

重要事項説明

重要事項説明とは、不動産取引において、宅地建物取引士(宅建士)が取引の当事者に対して、契約締結前に、契約上重要な事項について説明することをいい、一般的には「重説」と略されます。重要事項説明は、宅建業法で定められた項目について記載し、宅建士が記名・押印した重要事項説明書(35条書面)を交付した上で、その内容について口頭での説明を行うといった形式で実施されます。
また、説明に当たる宅建士は、重要事項説明に際して、相手方から請求がなくとも必ず宅建士証を提示しなければなりません。
重要事項説明は、宅建士が売買契約を締結する前に買主さまに、その土地・建物に関する説明を行い、十分に理解していただくことで、購入後のトラブルの発生を防ぐ目的で行われます。

STEP7 不動産売買契約の締結

不動産売買契約の締結

不動産を購入するとき、売主と買主の間で決めた約束事を書面にした売買契約書に、双方が署名捺印し保管をします。これは、契約内容を明確にし、購入後の紛争防止の為に作成されるものです。また、取引金額に応じた印紙を添付することが法的に義務付けられています。
売買契約の締結時には、通常、売買価格の20%以内の手付金を売主に支払います。契約後は、書面の記載内容に基づいて債務を履行する義務が発生します。
この売買契約を解約する際には、買主側からの解約申し入れの場合は、売主に支払った手付金の放棄、売主側からの解約申し入れの場合は、受領した手付金の倍額を買主に対して支払う(手付倍返し)といった手続きが必要となります。

STEP8 住宅ローン本申し込み

住宅ローン本申し込み

売買契約が成立すると、住宅ローンの本申し込みを行います。本申し込みをする際は、直接金融機関と手続きをすることになります。担当者の方から、金利やプラン、融資金額等についての説明がありますのでしっかりと理解した上で、お互いの認識に相違がないことを明確にしておきましょう。また、借入金融機関での口座をお持ちで無い場合は、新規での口座開設が必要となる場合があります。
なお、この段階でローンが借りられなくなった(審査を通過されなかった)場合であっても、売買契約にローン特約が盛り込まれていれば、違約金等のペナルティ無しで契約を解除することができます。

【必要な持ち物】(※金融機関により異なります。)
■実印
■印鑑証明書
■住民票
■運転免許証(身分証明書)
■健康保険証
■住民税課税証明書(直近分、直近2年分)
■源泉徴収票
■お借入があればお借入れ内容のわかる書類
など

STEP9 ローン契約(金銭消費貸借契約)

ローン契約(金銭消費貸借契約)

住宅ローンの審査は通常申し込みから1週間~3週間ほどで終了し、銀行の担当者または不動産会社から本承認の連絡が来ます。無事に住宅ローンの本承認をいただき、融資が確定しますと、金融機関とローン契約(金銭消費貸借契約)を締結することになります。

【必要な持ち物】(※金融機関により異なります。)
■新住所の印鑑証明書
■新住所の住民票
■通帳
■実印
■銀行印
など

STEP10 リフォームのご相談

リフォームのご相談

弊社には、グループ企業に、株式会社B-side(リフォーム/リノベーション業者)、株式会社元庄屋(江戸時代創業の住宅設備施工業者)がありますので、安心して物件を購入していただけます。
不動産を買う、売る、借りる、貸すだけに留まらず、お部屋のリフォームや、水周りのトラブルにも随時対応できる住宅環境のトータルカンパニーを目指しております。


■株式会社B-side
■株式会社元庄屋

STEP11 残金決済・不動産登記

残金決済・不動産登記

引き渡しの日までに、売買代金の残代金や諸費用、火災保険料などの残金の清算を行います。
また、司法書士に依頼し、「所有権移転登記」の申請を行います。
不動産取引においては、売主に所有権が移転するのは、買主が売買代金を全額支払った時点とされています。

STEP12 お引き渡し・お引越し・ご入居

お引き渡し・お引越し・ご入居

以上で手続きを完了し、お引き渡し(物件本体・鍵・保証書等の重要書類など)となり、ご入居が可能となります。
不動産売買のことなら、ライフィットグループにお任せください!
社員一同、心よりお待ち申し上げております。

【参考リンク】
■お引越しに関する豆知識
■お引越しの諸手続き一覧表(PDF)